CAMCO(カムコ)Heavy NEL Shirts(ヘビーネルシャツ)

8,500円(税込9,180円)

 XSSML
ブラックウオッチ
バッファローチエック8,500円(税込9,180円)
在庫なし
8,500円(税込9,180円)
在庫なし
8,500円(税込9,180円)
在庫なし
8,500円(税込9,180円)
在庫なし
購入数
CAMCO(カムコ)

アメリカ、アーカンソー州にて立ち上げられたブランド。
かつてはSEARSやJ.C.PENNEYのオリジナルウェアを生産しており、70年代にはRalph Laurenのシャツを手掛けていた実績もある老舗ブランド。


HEAVY NEL SHIRTS(ヘビーネルシャツ)分厚いネルシャツ





【色】

(1)ブラックウオッチ 緑×紺
(2)バッファローチエック 赤×黒

【柄について】

(1)ブラックウオッチ柄

まずタータンとは、スコットランド北西部の
高地地方(ハイランド)で発展した織物のことです。

日本の家紋のようなものなので、
一族には決まったタータン柄があり、
その柄を見れば家柄がわかるそうです。
また、"スコットランド人であること"の象徴ともされ、
スコットランドの伝統文化ともいわれています。

現在ではチェック柄そのものの魅力によって
ファッション素材として、幅広く取り入れられていますが、
そこにはスコットランドの伝統がきちんと生きているのです。


■軍隊のタータン − ブラックウォッチ −

ブラックウォッチとは、「黒い見張り番」という意味があり、
レジメンタルタータン(連隊用)のチェックのひとつです。
その名前が示すように、全体的に暗い色彩で、
青地に緑と黒の配色による格子のものを指します。

全隊員が揃いのタータンを着用したのか、
各隊ごとに揃いのタータンがあったのかどうかはわかっていないそうですが
青・黒・緑色のチェック柄を実際に着用していたそうです。



(2)バッファローチエック柄

アメリカが発祥と思っていましたが、実は1960年代頃、
 英国ハイランド地方のアウトローといわれたロブ・ロイ・マグレガー
 (Rob Roy MacGregor 1671-1734)によって発案されたらしい。
 Rob Roy(ロブ・ロイ)という映画にもなったスコットランドの
 英雄でもある。

英国では、バッファローチェックはタータンの一部として扱われています。今ではアメリカが最もこのチエックを好みます。


【サイズ】

・XS:着丈68cm 身幅52cm 肩幅42cm 袖丈57cm 裄丈79cm
・ S:着丈70cm 身幅54cm 肩幅43cm 袖丈59cm 裄丈81cm
・ M:着丈72cm 身幅58cm 肩幅44cm 袖丈61cm 裄丈84cm
・ L:着丈76cm 身幅60cm 肩幅45cm 袖丈62cm 裄丈86cm
   

【適応身長】
XSサイズ 155cm〜165cm
Sサイズ 165cm〜170cm
Mサイズ 170cm〜175cm
Lサイズ 175cm〜180cm
XLサイズ 180cm〜185cm

『Model』:170cm

・ブラックウオッチ:Sサイズ
・バッファローチェック:Mサイズ




【素材】COTTON

made in INDIA



今もなをファンが多いカムコのヘビーネルシャツ。
何年経っても変わらない定番アイテムだと思います。